hokkaido@harikyu.office.ne.jp
■地区:
 
■住所:
 
■治療院名:
 


| 鍼灸とは? | 健康保険について | 

■鍼灸とは「鍼(はり)」や「灸(きゅう)」で経穴と呼ばれる「つぼ」を刺激することにより血液循環の改善を図る治療法です。

血液の循環が悪いと 、肩こり ・ 腰痛 ・ 冷え性などのような悪影響が体にでてきます。 これらを治療する手段として、非常に有効であることが世界的にも知られています。

鍼治療では、長さ3〜5センチ、太さ0.16〜0.24ミリ程度の針(鍼)を使って「つぼ」に刺激を与えることにより、人間が本来もっている治癒能力を引き出し、治療を行います。

鍼治療というと「痛いのではないか」という心配がありますが、痛みはほとんどないため、安心して治療院へ行ってみましょう。

お灸治療とは、「もぐさ」を小さく捻り、それを「つぼ」の上で燃やし温熱刺激を加える治療方法です。

■鍼治療の歴史 中国で発達した治療法です。 その起源は正確にはわかっていませんが、紀元前8〜3世紀ころだといわれています。 日本に伝えられたのは5〜6世紀ころですので、今から約1500年も前ということになります。

■お灸治療の歴史 起源は約3000年前の中国だといわれています。日本へ伝えられたのは約1200年前ですので、今から約800年も前ということになります。

■スポーツと鍼灸

なぜプロスポーツのトレーナーに鍼灸師が多いのでしょう。

それは、鍼灸治療が疲労の回復に非常に大きな効果があるからなのです。 新庄選手がメジャーリーグでスランプのときに、日本から鍼灸師を呼んで治療を受けたという話がありますが、それくらいスポーツ選手にとって鍼灸は必要不可欠なものなのです。

■経験がない人がマッサージをするのは危険な場合があります。 慣れずに力まかせにマッサージをすると、毛細血管などが破壊されて痛みが悪化する状態になることがあります。これを「揉み返し」といいます。

ですから一度、プロの鍼灸師やマッサージ師に見てもらうとよいでしょう。

Copyrgiht(C)2010 北海道鍼灸師会 All Rights Reserved